テルーの唄(瑟魯之歌)
作詞:宮崎吾郎
作曲:谷山浩子
演唱:手嶌葵

夕闇迫る雲の上いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう音も途絶えた風の中
空を掴んだその翼休めることはできなくて

心を何にたとえよう鷹のようなこの心
心を何にたとえよう空を舞うよな悲しさを

雨のそぼ降る岩陰にいつも小さく咲いている
花はきっと切なかろう色も霞んだ雨の中
薄桃色の花びらを愛でてくれる手もなくて

心を何にたとえよう花のようなこの心
心を何にたとえよう雨に打たれる切なさを

人影絶えた野の道を私とともに歩んでる
あなたもきっと寂しかろう蟲の囁く草原を
ともに道行く人だけど絶えて物言うこともなく

心を何にたとえよう一人道行くこの心
心を何にたとえよう一人ぼっちの寂しさを

[歌詞翻譯]
暮色將至的雲霞上總是獨自飛翔的鷹
想必也會感到憂傷在呼嘯而過的風中
那乘風而起的翅膀始終無法得到休息

把我的心比作什麽如同這只老鷹一樣
把我的心比作什麽在空中飛舞的憂傷

淅瀝雨中的岩石下總是開著小小的花
想必也會感到憂傷在煙雨朦胧的雨中
那淡淡粉色的花瓣始終沒人將它憐惜

把我的心比作什麽如同這朵小花一樣
把我的心比作什麽在雨中凋零的悲傷

荒蕪人煙的原野中與我一路同行的你
想必也會感到寂寞在蟲聲呢喃的草原
雖然是天涯同路人卻從不曾有過交談

把我的心比作什麽這顆獨自行路的心
把我的心比作什麽這孤獨一人的寂寞



 |漫漫

漫漫 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()